進化する霊園のシステム《使いやすさが段違い》

個人個人に適した霊園が登場<永大供養と樹木葬>

墓地と霊園

普段は気にしないことかもしれませんが、霊園と墓地には列記とした違いがあります。それぞれにどういった利点があるのか知りたいのなら下記を見てみると良いでしょう。

双方のメリット

寺院墓地

墓地の場合はお寺が運営しているので、檀家になるとしっかりと供養をしてもらうことができます。他にも、法要などで不明点があればいつでもお坊さんに質問をすることができるでしょう。

民営霊園

民営霊園では国籍や宗教に関わらず誰でも葬ることができるようになっています。そして、墓石の大きさやデザインなどを故人の意志を尊重することができるのも魅力と言えるでしょう。

進化する霊園のシステム《使いやすさが段違い》

仏様

永大供養

現代では千葉でも核家族化が進行し身寄りのない方が増えていっています。また、身寄りがある場合でも息子や娘に金銭的な苦労をかけたくないと言った理由から永大供養を選ぶ人が増えていると言えるでしょう。これは、霊園や寺院が後継者の代わりにお墓の管理をしてもらう手段となっています。

お墓

樹木葬

墓石は高額になることがあるので、費用を抑えたいのなら樹木葬にすると良いでしょう。これは、樹木や花を墓石の代わりにするスタイルとなっており、基本的に集合墓地となっています。

先をこと考える

先のことを考えてしまうとネガティブ思考に陥ってしまいますが、死は誰にでも平等に訪れるものです。ですので、家族に迷惑をかけたくないのなら、自分で霊園を決めておくという方法もありますよ。

広告募集中