手順を知ろう

家族が病院で亡くなったらいろいろなことをしなければなりません。ですので、初めてのことで何をすればいいのか分からない場合は、下記を参照すると良いでしょう。

葬儀までの流れ

足

電話をする

医師から家族がご臨終だと言われたら、気が動転してしまうのも無理はありません。しかし、泣いてばかりもいられないので、葬儀社に連絡をすると良いでしょう。電話で対応しているところもあります。

病院まで迎えの車が来る

電話で病院の場所を知らせたらおおよそ30分から1時間程度で寝台車の迎えが来きます。寝台車にご遺体を安置して運ぶことができますし、遺族を乗せることもできるでしょう。

安置場所に移す

従来では安置場所は自宅にすることが多かったのですが、現代ではスペースが足りないなどの理由でセレモニーホールに安置することもあります。どちらにも対応することが可能となっています。

乗車ができる

ご遺体を安置する際に一緒に寝台車の前の席に乗って、自宅やセレモニーホールに向かうことができるようになっています。ですので、車がないという場合は電話の際にそのことを告げておくと良いでしょう。

プランの打ち合わせ

一連の作業が完了して初めて葬儀のプランを組むことができる仕組みとなっています。また、その日に都合が合わないのであればスケジュールを調節できるかどうか聞いておくと良いでしょう。

葬儀社のプランについて《故人の遺志を尊重する》

花

プラン内容が多いか否か

東京都にある八王子市で葬儀を行なうのであれば、今までのプランだけでなく、家族葬や社葬、自由葬などを取り入れている会社に依頼すると良いでしょう。家族葬では個人の近親者や友人だけで葬儀をすることが可能となっています。そして、自由葬は個人が好きだったことを催すことができるものになっています。

葬式

サポートが手厚い会社

受付や司会を請け負ってくれるだけではなく、いつでも相談を受け付けているような葬儀社や葬儀場なら安心して利用することができるでしょう。また、葬儀場は東京だけでなく成田にもあるので、利用しやすい方を選択するといいかもしれません。

打ち合わせに必要な資料

  • 死亡診断書
  • はんこ
  • 遺影用の写真

広告募集中